Skip to content

セカンドライフとは?

Pocket

「セカンドライフ」と聞いて、皆さんはどのような生活スタイルを想像しますか?
定年を迎えて、喫茶店といった個人店舗を構えて生活したり、貯金をしておいて旅行三昧の生活を送るといった様に、人によって様々な生活スタイルがあります。
皆さんはどのような生活を送りたいですか?
今回は、「セカンドライフ」について紹介していきたいと思います。

 ◆セカンドライフとは?
  セカンドライフの意味は定年後または、退職後の生活で「第二の人生」の事です。「シニアライフ」とも呼ばれています。
定年退職後もそれぞれ想いは違いますが、これまでの職場を去って「第二の人生」を歩んでいくことに変わりはありません。
・この自由な時間をどのように有効に使えばよいか?
・どうやったら、自分に合ったセカンドライフを発見できるのか?など
以下の情報を元に自分のセカンドライフの本当の意味を探っていきましょう。

 ◆セカンドライフのいろいろな過ごし方
  ・自営業を行う
・豪華客船で世界一周旅行をする
・キャンピングカーを購入して旅をする
・最初の就職から定年のない職業を選ぶ
・働きたい方はシルバー人材センターで仕事を探す
・船を購入し釣り三昧!
・裁縫を通じてのオリジナル品を造り続ける
・多様なボランティア活動に参加する
・体を動かす楽しい毎日を送る
・英会話を学んで仲間と交流を深め一緒に旅行する
というようにさまざまな過ごし方があります。

参考までにですが、実際に取材した「セカンドライフ」をご紹介しましょう。
<Aさんのセカンドライフ>
Aさん女性は、新卒で東京の某IT会社に就職し勤続年数25年の経過したのち、両親のお世話を今後して生きたいという理由から、中途退職し帰郷されました。そして、現在は障がい者支援をする職業に就かれています。休日も暇ができれば、災害のあった被災地にボランティアに行かれたりして人生を歩まれております。

<Bさんのセカンドライフ>
Bさん男性は、新卒後新聞社で新聞記者を経て、40代半ばころ外資系企業からの引き抜きで転職。定年まで勤め上げた後はすっぱりと仕事から離れ、悠々自適に旅行や孫との生活を楽しんで暮らしています。

<Cさんのセカンドライフ>
Cさん女性は、新卒後就職。結婚後は仕事を辞め、出産子育てを経て、夫の定年間際に飲食店をオープン。夫も定年後に一緒に飲食店に入り、お店は小さくも自分たちの生活分程度はお店の経営で成り立つ生活をされているそうです。

このように、「セカンドライフ」というものを自分の為だけに活かすのではなく、
周りの方を支えるようなスタイルで生活している方もいらっしゃいます。

◆セカンドライフのリスクと備え
 一般的に「セカンドライフ」時代を迎えると収入が減り、また年齢とともに病気や
ケガのリスクが高まります。この事を踏まえた上で有意義に過ごす為に何が必要なのか?と考えたら、やはり経済的な余裕ではないかと思います。
 国民年金、厚生年金といった年金保険対策も欠かせませんが
このリスクに耐えうる保険対策として、以下におススメの商品を掲載します。
<日本生命保険会社>
・50代の方におすすめのプラン
・年金保険
・総合医療保険
・グランエイジ
<株式会社トリム>
・メディパル生命保険
・海外旅行保険、ゴルフ保険
・メディパル積立

上記に掲げた内容の中で、特におススメなのが「グランエイジ」です。
一生涯、年金を受け取れますし長生きするほど年金累計額が大きくなっていきます。
 これらの保険の情報から、年金制度が先行き不透明な状況を踏まえると、今後も保険の商品は進化を続けるでしょう。保険の対策も「セカンドライフ」には欠かせないのではないでしょうか!

 どのような「第二の人生」を送るのか?先の保証はありませんが、できればここに記載した情報を活かして頂ければよいと思います。「第一の人生」で苦労をして、もうヘトヘトだというあなたへ。セカンドライフで「新しい自分」を探す旅へと出発し、人生を謳歌して下さい。